スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

41分で報酬121万円…仙台の非常勤行政委員(読売新聞)

 仙台市泉区選挙管理委員会の非常勤行政委員1人が2007年度、年額の報酬約121万円を受け取り、4日間で計41分間のみの勤務だったことが5日、分かった。

 北海道・東北市民オンブズマンネットワークが明らかにした。同ネットワークは「時給換算で約177万円の高額報酬」と批判している。県選管では08年度、時給換算で約16万円を受けとっていた委員もいた。時給を調査した行政委員230人の平均は、約7万円だったという。

 同ネットワークは、宮城県、仙台市、北海道など12自治体から情報公開などで入手した資料を基に、行政委員の報酬を計算。この日、仙台市内で開いたフォーラムで調査結果を報告した。

 報告によると、泉区選管の行政委員1人は07年度、年額の報酬約121万円を受け取った。この委員は体調不良で計4日間で計41分間だけの勤務だったという。ほかの委員は約19時間勤務し、時給換算での報酬は約7万円だった。

 県選管や県労働委員会の行政委員も08年度、約15~30時間の勤務で約240万円の報酬を受け取り、時給換算で約16~7万円を受け取っていたという。同ネットワークが時給を調査した行政委員230人の平均は約7万円で、大卒20年勤務の県一般行政職員の平均時給約2051円とも大きくかけ離れていた。

 行政委員を巡っては、仙台市民オンブズマンが昨年7月、非常勤行政委員に月額報酬を支払うのは違法として、県知事を相手に報酬の支払いの差し止めを求める訴訟を仙台地裁に起こした。昨年9月には仙台市長にも同様の訴訟を起こしている。

 報告した同オンブズマンの千葉晃平弁護士は「勤務日数に応じて支給すると定めた地方自治法の趣旨に反し、まさに制度上の欠陥。高い報酬を受けた行政委員が、中立性を保てず当局に有利な判断をする恐れもある」と指摘した。

 仙台市の担当幹部は「行政委員は会議に参加するだけでなく、(自宅などで)資料を検討するなど準備に多くの時間を割いている」と反論。県は「本県など各自治体で(オンブズマン側と)係争中の裁判の行方をみて対応したい」としている。

 ◆非常勤行政委員=自治体の行政部門から独立し、教育委員会や選挙管理委員会などで中立性、専門性が求められる業務を行う特別職員。専門性などを考慮し、主に民間から選ばれれる。

<殺人>40歳の長男が父親刺す 東京・大田区(毎日新聞)
8日に組閣=菅氏(時事通信)
司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
<普天間移設>「日米交渉は岡田氏が主役」防衛相
本社・FNN合同世論調査 「菅新首相に期待」57% (産経新聞)
スポンサーサイト

マンション火災、1人死亡=13人重軽傷―札幌(時事通信)

 1日午前7時ごろ、札幌市中央区南7条西の4階建てマンション「ライフコア」から出火、約3時間後に消し止められた。消防によると、この火事で1人が死亡し、12人が打撲やのどのやけどで軽傷。ほかに1人が全身やけどで重傷を負ったが、意識はあるという。
 北海道警と消防によると、1階の1室が激しく燃えており、遺体は1、2階を結ぶ階段付近で見つかった。道警は身元の確認を急ぐとともに、詳しい出火原因を調べている。 

<国際結婚トラブル>願望強い農村部男性が被害 来月2日、仙台で被害者弁護団が相談会(毎日新聞)
4月の鉱工業生産、1.3%上昇=輸出好調で2カ月連続―経産省(時事通信)
<ブラック企業>長時間残業強制、低待遇……働かせ方、労働法に違反(毎日新聞)
「燃えるような激しい痛み」 失明の恐怖に襲われた証人 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)
福島氏、沖縄入り 知事に共闘呼びかけ(産経新聞)

連立離脱か残留か、悩む社民…普天間問題(読売新聞)

 社民党が沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で揺れている。

 党内は、同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する政府方針への反対では一致しているが、連立を離脱するかどうかについては意見が分かれたままで、党分裂を懸念する声も出ている。

 24日の緊急三役会議では、辺野古への移設方針に関し、「地元の合意がないものを決定するのは、ごまかしでしかない」と政府を批判する声が相次いだ。最も強硬なのは、沖縄県選出の照屋寛徳国会対策委員長だ。この日の三役会議は欠席したが、同日夜、都内で記者団に、「連立の合意も地元の合意も得ないで『県内移設』を強行した場合、社民党の理念や方針に照らし、政権離脱しかない。政権にしがみついたら、国民の信頼を失って自然消滅してしまう」と強調した。「(党が連立を離脱しなければ)もちろん離党する」とも語った。

 社民党には、旧社会党時代の村山政権が自衛隊を合憲と認めるなど連立する自民党に歩み寄った後、党勢が衰退した苦い経験がある。党内には「外交・安全保障政策で妥協すべきではない」という声が多く、「参院選を前に連立を離脱して独自性を示せば、逆に支持を集められる」という見方もある。

 これに対し、阿部知子政審会長らは連立を維持すべきだとしている。「政権の中で県外・国外移設を求めていく方が、沖縄県民の思いに応えることができる」(阿部氏)というわけだ。

 連立離脱をほのめかしてきた福島党首は最近、離脱に絡む発言は抑え気味だ。周囲は「参院選を前にどちらが得か悩んでいる」と見ている。

 福島氏が25日に沖縄を訪問するのも、党として政府方針に反対する根拠を明確にするとともに、国民の反応を探りたい思惑があるからだ。党執行部は6月3日に全国代表者会議を開き、地方の意見も踏まえたうえで最終判断する構えだ。

 民主党では参院選が近づくにつれ、社民党の離脱を懸念する声が強まっている。昨年の衆院選の比例選で300万票を獲得した社民党の集票力への期待があるからだ。参院選の選挙区選では、社民党の公認候補擁立は7選挙区にとどまる見通しで、残る選挙区では同党支持票が民主党に回ることが期待できるというわけだ。また、鳩山内閣の支持率が低迷し、与党が参院での過半数を失う可能性も指摘される中、「社民党の非改選の2議席は重要だ」という指摘もある。

フジテレビ、消毒せずに地元住民に取材しトラブルに(スポーツ報知)
谷村新司さん、非行防止へ楽曲書き下ろし(産経新聞)
<口蹄疫>国の支援を緊急要望 九州各県議会議長会(毎日新聞)
作業服姿で堂々と切断?電線3・4km分盗難(読売新聞)
大津京「建都ほぼ1400年」のポスター作成(産経新聞)

<囲碁>羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局(毎日新聞)

 羽根直樹本因坊(33)に山下敬吾天元(31)が挑む第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局は12日、北海道小樽市のグランドパーク小樽で2日目の戦いが始まった。

 午前8時55分、山下と羽根が相次いで対局室に姿を見せた。定刻の9時となり、立会の二十四世本因坊秀芳が「並べ直しをお願いします」と告げる。両対局者は70手目までの局面を盤上に再現した。そこで二十四世本因坊が「封じ手は9の十五です」と読み上げ、羽根がその地点に黒石を打ち下ろした。

 封じ手は控室の検討陣も予想していた一手。解説の仲邑信也八段は「羽根さんらしい落ち着いた手。上辺の白の大石がどうなるか、下辺の黒地模様がどうなるか。それが今後の焦点です」。

 山下は白72と下辺の黒の消しに向かう。羽根は黒73と受けた後、黒75と白の大石に厳しく迫った。局面が大きく動きそうな気配だ。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:羽根VS山下、両者得意の布石 本因坊戦開幕
囲碁:本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で
囲碁:アジア大会へプロ棋士派遣
囲碁:早慶、15回の授業で単位取得
囲碁:飛田さんが女流アマ選手権初優勝

夫婦別姓、選択肢を用意=千葉法相
江田参院議長「憲法審査会規程制定、早急に検討を」(産経新聞)
<トカゲ類>2割が絶滅の危機 気温上昇続けば(毎日新聞)
川底からダンベル、遺体につけた重り? 鶴見川女性殺人(産経新聞)
<もんじゅ>また警報数回 原因調査始める(毎日新聞)

今度は尼崎の教会に消火器、室内に消火剤散乱(読売新聞)

 29日午前7時頃、兵庫県尼崎市東園田町の「日本キリスト改革派園田教会」で、1階窓ガラスが割れ、消火器が転がっているのを男性牧師(47)が見つけた。

 尼崎東署は近畿各地の教会施設で相次いでいる器物損壊事件との関連を調べる。

 発表では、消火器は安全栓が抜かれており、室内に消火剤が散乱していた。牧師が28日午後9時頃に戸締まりした際には、異状はなかったという。

野沢菜起源は「天王寺カブラ」=伝統野菜で魅力再発見(時事通信)
<原爆の子>サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
<火災>道の駅土産物店内部焼ける けが人なし 北海道(毎日新聞)
普天間移設 首相、辺野古・徳之島案を明言 名護市長拒否(毎日新聞)
鳩山首相「小沢幹事長には頑張っていただく」(産経新聞)
プロフィール

おおがきひろはる

Author:おおがきひろはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。